東京国際フォーラムにてウイルス感染防止施策を実施いたしました。

音楽コンサート・イベント業界の活性化を目指し、
興行開催における「新しい生活様式」を構築

2020年9月19日(土)、9月20日(日)、東京国際フォーラム ホールAで開催された「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020 ~ Support for Medical Professionals ~」にて、来場者のウイルス感染予防施策を実施いたしました。

この施策は、株式会社アヴァンスノームのコーディネートのもとにpH調整次亜塩素酸<EPICXIA エピクシア>のオフィシャル・アライアンス・ブランドである「エピクスイ」の取り扱い会社である株式会社新興と連携して企画、開発を行い、来場者のウイルス感染を最大限抑止できる方策として同ライブの主催者の協力のもと、両日に実施したものです。

新型コロナウイルスの影響で停滞した音楽コンサート・イベント業界の活性化を目指し、興行開催における「新しい生活様式」を構築したいという思いで実施いたしました。

「持ち込ませない」「感染(うつ)させない」「持ち帰らせない」をテーマに

来場者の検温、ソーシャルディスタンスの確保、マスク着用義務の徹底、アルコールや次亜塩素酸による手指消毒などの従来方法に加えて、用途別に設計した次亜塩素酸を活用した、来場者の着用靴の除菌マット通過、除菌ゲートによる来場者衣服に付着したウイルスの遊離と、落下菌の除菌などを組み合わせて行いました。

音楽コンサート・イベントへの参加を渇望されていたお客様の皆様と、エンターテインメントの「いままでどおり」の開催を願う主催者、関係者の方々の快いご協力のもと、無事今回の感染予防施策を終了いたしました。

ご来場された皆様のご健康を祈念しております。